インタビュー企画と偽り、女子大生をナンパ!そのまま気持ちよく…

僕は、いつもの如く街中でナンパを続けていた。インタビュー企画と偽るナンパは相当な成功率をみせる。相当かわいい女の子かタイプな女の子にしかしたくないものだ。彼女に会ったのは、確か日曜日の日中。その日のナンパ成功率はかなり低かった。彼女に出会うまでに10件以上は失敗した。絶望的な空気の中、彼女は現れた。さらっとした黒髪、幼い顔立ちながらどこか大人の階段を登りかけのような雰囲気を感じられた。速攻ナンパを仕掛けていく僕。彼女の口から「この後バイトがあり、1時間しか時間がない」と一言。根気よく説得していくとなんとか、彼女から了承がとれた。インタビューを進めていったときに彼女の口から「断れないタイプ」と一言。僕はその一言を見逃さなかった。そこから一気に畳み掛ける。スカートを翻しパンツを晒しあげ、彼女の陰部を電マを当てる。ついさっきまでインタビューに応じていた彼女とは比べられない位、妖艶な声で感じはじめた。言葉で拒否をしていても体が求めはじめた。我慢できなくなった僕は、彼女の中に自分の「モノ」を入れる。彼女の膣部分がぴくぴく動いているのがわかった。感じていくうち彼女が自分で腰を振り始め、ピストンの速度が上がっていくに連れ、どんどん淫乱になっていく。どんな真面目な女性も快感に溺れてしまうと内に秘めている淫乱な部分が出てしまうのだろうか。どうかその後の展開は動画でチェックしてほしい。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)